ソラハピ※国内航空券の最安値は比較がおすすめ

ソラハピで国内航空券の最安値を比較

国内格安航空券

 

「これから仕事で急に飛行機に乗らなければならなくなった」「とにかく安く航空券を買いたい」ということもあると思います。

 

急用で飛行機を利用することになった多忙なビジネスマン、お得な格安航空券を探している旅行を予定されている方も多いことでしょう。

 

現在では、格安航空券を当日購入することもできる各航空会社のサイトも多くあり、安い魅力的な航空運賃が続々売り出されるのは利用者にとってとても嬉しいことです。
しかし、一方でいざ自分がどこかに行こうと思ったときに、どの航空券が一番安いのか、あるいは自分の都合に合うなかで一番お得な運賃はどれなのか?戸惑うことがきっとあるはず。

 

鉄道やバス、フェリーとも比較したり、便利さも考えたりしていると、どれがどれやらわからなくなってしまうかもしれません。
ということで、私も使っている「格安航空券」を比較・予約ができるおすすめのサイト(ソラハピ)の情報をまとめました&ゴールデンウィークなどのピーク時の安いお得な航空券の購入の仕方も紹介しますので参考にしてくださいね。

 

 

ソラハピはビジネスマンや旅行する方にとっては頼もしい味方

正規運賃に比べて、安い料金で販売されている格安航空券。国内線ならば搭乗時間の90分前までOKというところもあり、最も早い便に乗りたいという忙しいビジネスマンや旅行する方には助かりますね。

 

そういう私も先日、急に北海道に出長することになり、急いで東京から北海道の札幌に行かなければいけなくなり、航空券を当日入手する必要がありました。
会社からは少しでも安い運賃を使えともいわれることも多く、少しでも安く購入できるなら、それに越したことはありません。

 

おかげで札幌にすぐに向かうことが出来、仕事のトラブルも何とか対処することができました(^-^;
ソラハピはインターネットまたはお電話にてご予約可能で、私のように当日の航空券が必要で搭乗まで時間がない場合は頼もしい味方になりますよ。

 

ソラハピの手数料はどのくらいかかるのか?
これは各航空会社の旅行業務取扱料金(運送機関の予約・手配)によって違ってきます。

大手のANAやJAL、更にはスカイマーク、エアドゥ、ソラシドエア、スターフライヤー、フジドリームエアラインズ の格安航空会社の取扱い料金は1,620円。
バニラエア、ピーチ、ジェットスターは2,800円です。その他にも手数料はかかりますが、他と比べて安いようです。

 

また、ゴールデンウォークやお盆、年末年始など長期休暇での家族での里帰りや、急に休みがとれて友達と旅行などするような場合でも格安航空券を購入したいものですよね。交通費が浮けば、その他のことに使えますし。
一般の搭乗券よりも割安な格安航空券も、現在は一般航空券と同じように当日購入ができるのです。もちろん、空席があればですが…。

 

羽田〜福岡のスカイマーク、羽田〜札幌のエアドゥ

1998年後半に相次いで就航した新興航空会社のスカイマークと北海道国際航空(エアドゥ)
普通運賃が大手の3社の価格よりも大幅に安いことが話題を呼び、テレビなどのメディアで取り上げられたので覚えている方も多いはず。

 

特にスカイマークの普通運賃は、大手の半額でスタートし、当初はその料金の安さから利用者が殺到ともいえる状態でした。ですが、最近は当時よりも値上がりの傾向があり、わかりやすさが謳い文句だったのに、新しい割引運賃が導入され、運賃が多様化してきていますし、その他にも多くのLCC(格安航空会社)も就航していますので、やはり事前に国内線の最安値料金を比較したほうが良いでしょう。

 

私が先日使ったのは、JALやANAなど主要航空会社10社の中から、国内線の最安値料金を即時に検索して比較・予約できるサイトです。

 

国内航空券の最安値検索・予約が出来る【ソラハピSORAHAPI】

最安値検索

 

【ソラハピ】は「格安航空券」を比較・予約ができるサービスです。
JALやANAなど主要航空会社10社の中から、ご自分の行先の希望する料金や時間にピッタリの航空券を、簡単に5分でご予約いただけます。

 

また、JetstarやpeachなどのLCC(格安航空会社)も取り扱っています。

 

ソラハピSORAHAPIの特徴とは
(1)「最安値」の航空券がすぐに見つかる

(2)カンタン操作!5分でチケット購入完了
(3)日本全国さまざまな路線を網羅

 

ご希望の料金・時間帯の航空券に空席が見つかれば、そのまま購入手続きを行うことができます。人気の高い便よりも、人気の低い空席の多い便のほうが安く乗れ、今日中に出発出来れば良いという場合は時間をかけることなく効率よく安い航空券を早くゲットできます。
チケットの予約・購入を済ませてしまえば、あとはごく普通に空港でチェックインし、飛行機に乗るだけです。

 

ソラハピでは国内主要航空会社の格安航空券を、お客様のご希望に沿って検索が可能です。
ANA、JALをはじめ、ピーチ、ジェットスターなどのLCC(格安航空会社)まで、各社の最安値をお選びいただけます。

 

予約いただける航空会社は、下記10社です。

ソラハピ

JAL(日本航空)
ANA(全日空)
ピーチ
ジェットスター
Vanilla AirVanilla Air(バニラエア)
AIR DO(エア・ドゥ)
SKYMARK(スカイマーク)
STARFLYER(スターフライヤー)
Solaseed Air(ソラシドエア)
FDA(フジドリームエアラインズ)

 

ソラハピを使ってみた感想

ソラハピの口コミや評判はどうなのか?私も使う前に気になって色々調べてみましたが、特にこれといったトラブルもなく良い・悪いという口コミもありませんでした。
私が使ってみても、とてもサービスが良かったということは感じませんでしたし、格別不満もありませでした。

 

やはり、格安の航空券がゲットできるいうことにつきると思います。

 

また、パソコンなどが不慣れな人でも「出発地、到着地、出発日」の3項目を入力するだけで、カンタンに最安値の航空券が比較・検索できるという操作性が非常にシンプルなので、私のような50歳過ぎでも使いやすかったですね。

 

また、希望する便の残席数も一緒に表示されるので選びやすかったですよ。
支払いの手続きをしなければ、自動でキャンセルにもなりますので、そのあたりも心配ないかなと思います。

 

私の場合は当日の東京ー札幌間の当日の航空券が急ぎで必要だったんですが、電話で申し込みができるフリーダイヤルが設置してあり、オペレーターの方が即対応してくれたので迅速で良かったです(^-^;

 

ソラハピのメリット・デメリット

私的にはソラハピのデメリットのいうほどのものはなかったんですが、しいてあげれば、
■旅行中のケガや事故、物損など「旅行保険」などオプションは一切なし
■サービス自体は普通で劇的に良いというわけではない。
■ご希望によっては、空席が見つからない場合もある。

 

メリット
■最安値がすぐに見つかる(業界最安値を保証)
■安心の通話料0円!(事務手数料が他と比べて安い)
■沖縄や北海道の人気路線、主要都市から地方都市を結ぶ路線の取り扱いもあり。

 

※多くの航空券予約サイトやLCC各社でお問い合わせに通話料が発生する中、ソラハピは、「フリーダイヤル」でお問い合わせを受付けています。

 

日本国内には安い航空運賃がどんどん登場していますが、最近は頻繁に運賃内容が変わるうえ、同時にルールが複雑になっています。
購入日に期限があったり、座席数に制限があったり、あるいは利用する時期(ゴールデンウィークやお盆、年末年始など)や曜日によって料金が高くなったりすることもあります。

 

また「売り出し割引」やインターネットで予約することで割引になる「e割」は設定日が限られ、自分のスケジュールと合わないこともしばしば。実際には使えないことだって少なくありません。

 

格安航空会社(LCC)の普及により、さらに身近な存在となった旅行において、交通費の節約はもはや当然の時代です。
同じ日・同じ路線のご予約も、最安値は毎日変わってきますので、航空券を当日に購入したい方なども含め、利用する側にとって大切なのは、そうした多彩な運賃の中から、お得なものを上手に選んで利用することです。

 

≫ソラハピで最安値国内航空券を無料で検索してみる

 

金券ショップで格安航空券の購入は?

金券ショップ

 

安い正規の国内航空運賃が続々と登場したことで、金券ショップで売られている、いわゆる格安航空券には以前ほどの魅力はありません。
かって安く出回ったいたのは団体旅行向けのチケットをばら売りしたものと、航空会社が安売り用に卸していたものです。

 

以前に新橋のある金券ショップで「福岡行きの安い航空券はない?」と聞いてみたところ、「もうあんまり仕入れがなくてね。福岡行きは新幹線だから、航空会社の特割なんかのほうが安いよ」と申し訳なさそうおじさんの声が返ってきました。

 

ですが、金券ショップの航空券が全てなくなったわけではなくて、株主優待券を利用するものはいまだに売られています。
一般的に通常料金の半額で、しかも空席があれば当日でも搭乗できますが、電話1本、インターネットで予約できるこの時代に、わざわざショップまで行く時間と交通費などを考えると得と言えるのか疑問。

 

ゴールンウィーク、お盆、年末年始などのピーク時に国内航空券で安いのは?

ゴールンウィーク

ゴールンウィークやお盆などの夏休み、年末年始といった旅行のピーク時期になると、料金の変化が大きいのが航空運賃です。
新幹線をはじめとする鉄道や高速バスは通常もピーク時も運賃はほとんど変わりませんが、航空運賃は数千円単位の差が出るのに加え、設定されている運賃も異なります。

 

もちろん、ピーク時の運賃は通常に比べ値上がりします。航空法が改正されて航空会社が自由に値付けが出来るようになった2000年4月以降、ピーク時の料金はそれ以前に比べて大きく値上がりしています。

 

私も含め普段休みのとれない会社員などの方にとって、久しぶりに実家に帰ってゆっくり過ごそうと考えている人も多い時期、それにつけこんで儲けようなんて、と文句のひとつでも言いたくなります。

 

とは言え、利用者の多い時期は高く、少ない時期は安いというのは、市場原理に基づいた値付けであり、航空業界では世界的にもそうした傾向がより一層強まっていて、時代のながれとも言えます。

 

特に連休時になると民族大移動が起こる日本では、仕方ないことなのかもしれません。
しかし、それでもなるべく安い航空券をゲットして移動したいもの。
その方法は区間の特徴によって多少違ってきます。

 

東京〜札幌、東京〜沖縄のように飛行機でのアクセスがメインの区間では、航空運賃の中からより安いものを探すことになります。
JALの「旅割」やANAの「SUPER VALUE」など、多くの航空会社では早めの予約で運賃が安く購入できる早期予約割引を実施しています。

 

また、安い運賃で利用したいなら、早朝便などに設定されている特定便割引を狙うのも一つの方法です。
これは東京ー福岡のように旅行者が飛行機とJRなどの陸路を使い分けている区間については、当たり前ですが陸路が選択肢に入ります。
札幌と福岡を比較してみるとよくわかると思います。

 

また、大手航空会社のJALがゴールデンウィークなどのピーク時に福岡線の割引率を比較的に高くしているのは、スカイマークを意識してのことでしょう。
それに対抗すべく設定されているのが特定便割引(3月31日〜5月31日)だといえるので、その時期に移動するならそれらの運賃はねらい目と言えるかもしれません。

更新履歴